プランニング コンパス

pc

プランニング・コンパスは自社開発のWebリサーチシステムです

プランニングコンパスは、人的なWeb検索で費やす1人月をわずか3時間で処理する性能を持ち、調査対象もホームページから画像、ブログ、ツイッターなどのSNS至るまで、幅広いターゲットから必要な情報を収集します。
収集した情報より相関図を表示することで直感的に理解できると同時に、大型モニターで見ながら複数のスタッフで協議を図ることもできます。

pc01

プランニングコンパスにより関連キーワードを基にWebに散在する情報を言語解析とサーチエンジンを駆使してオリジナルDBを築くと同時に関連情報の関係性の強弱や位置関係などをチャート表示する可視化エンジンです。
ニュースリリースなどのテキスト情報を言語解析して、プロモーションの方向性や切り口を探します。言語解析した一つ一つの言葉より連想する関連キーワードを検索エンジンを経由してWeb上から集積し、フローチャートを生成します。
一つの言葉より最大81個のキーワードを導き出し、繰り返しシャッフルしながら新たなキーワードにより関連情報を集積します。

言語解析pc02

キーワードフローチャート生成
pc03

フローチャートpc04

 ① オリジナルテキストの解析

プレスリリース原稿や製品説明書などのテキスト情報を解析にかけキーワードを探します。

pc05

②キーワードフローチャート表示

「言葉」の関連性を視覚化してイメージと情報を連結。検索結果は蓄積して自動記録します。

pc06

③変則キーワードの入力

キーワードから連想できる関連性がある「変則キーワード」から更にネット上の様々な情報を収集します。

pc07

④原始文章の作成

マルコフ連鎖により検索文章を連結して原始文章を作成。

pc08

⑤文章の人的生成

「原始文章」を基に視点を変えたネタで放送作家がリライトして企画化します。

pc09

例)

あるホテルに関する情報より名詞・動詞を中心としたキーワードより、それぞれの関連情報をプランニングコンパスによって情報を分析していきます。

pc10

pc11

結果、これらの情報をメディアコンテンツにまとめると、元のリリースがこのように変換されました。

pc13

pc15