マーケティングツール

マーケティングツールの役割

貴社の開発した素晴らしい製品やサービスに関するリリースは読まれる事すらないのかもしれません!
せっかく事細かに仕様を書き綴ったとしても、それを読み手(メディア担当者)が理解できなければ採用率が上がることはありません。それはコアターゲットに対しても同じことがいえます。
当社では以下のフローに書かれている手順に従い、露出に向けて作業を行います。

01

通常これらの作業には、プランナー、リサーチャー、放送作家、ライター、渉外担当がいて、各々の作業を効率よく進めます。このことにより、はじめて読み手が興味を持つリリースが完成するのですが、よほど余裕のある企業でない限りこれらの作業を自社で完結することは困難ですし、外部に依頼したとしても莫大な費用がかかってしまいます。

02

そこで、当社ではマーケティングツールを自社開発し、各作業パートに適したツールを使い、工数の削減を実現しています。

11

製品やサービスに関する調査・分析からデータマッピングはプランニングコンパスを使うことで、新しい方向性や、キーワードを発見します。

スライド41

プランニングコンパスにより導き出された方向性、新キーワード等を基に、斬新な切り口で製品やサービスと新たなキーワードを関連付けるとともに、読み手が理解できるリリースやメディアコンテンツをリライトリリースで作成します。

スライド42

情報リリースは適切な担当者の手に届くことが必須であるとともに、送った情報に対するアクションをリアルタイムにリサーチし、即座に不足分を補う体制を整え実行できる機能を持ったPRフォースが補佐します。

スライド43 

当社では、一つの製品やサービスに対して多角的にアプローチします。「あれもできます」「これもできます」的なリリースは、焦点がぼけてしまい本質を分かりにくくしてしまうからです。読み手が理解できないのはこのようなところからきています。このため、コアターゲットを絞り込むことにより分かりやすいリリースにすることができ、採用率を高くすることにつながります。

14